BLOG
メイン画像
院長・医師のご紹介
HOME > 当院のご案内 > 院長・医師のご紹介

院長・医師のご紹介

  • 院長と副院長の2人3脚体制で行っております。

    生麦歯科医院の歯科治療は、全ての患者様に対して院長と副院長の2人3脚体制で行っており、院長の笠間勝巳は補綴(義歯やクラウン、ブリッジなどを用いた修復)、副院長の笠間徹は補綴を行う前の治療・根幹治療(見えない部分、内部の治療)などにそれぞれ強みを持っています。

  • 笠間勝巳

    院長笠間勝巳-Katsumi Kasama-

    当院では歯周病治療や虫歯の痛みなど、様々な場面において歯科用CO2(炭酸ガス)レーザーを使ったレーザー治療を行っています。
    導入が日本で3台目と、いち早く導入し、私自身治療経験も豊富に積んでおりましたので、北は北海道から南は沖縄まで、講師として全国を渡り歩いておりました。

    レーザー治療は痛みもほとんど感じませんし、患部の表層部分のみを焼くことができますから、感染した特定のところだけ治療するのに最適。患者様が楽に、より健康な口腔環境を取り戻せるよう、これまでの経験を生かして一層力を入れていきたいと思っております。

    ・日本歯科大学卒業
    ・昭和54年 12月 生麦歯科医院開業
    ・同年 院長就任
    ・平成10年1月 医療法人設立
    ・同年 理事長就任

  • 笠間徹

    副院長笠間徹-Toru Kasama-

    『1人で診るよりも2人で診て治療』
    私たちは親子で治療に携わっています。同じ歯科医師という立場により、一般的に医師同士では言いづらくなってしまうようなお互いの欠点や不明点についても遠慮無く追求し、常により高いレベルでの治療環境づくりに努めており、それが直接患者様のためにもなると考えております。

    ・日本歯科大学卒業
    ・平成3年5月 歯科医師国家試験合格
    ・平成11年6月 生麦歯科医院副院長就任